相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2005年6月 | メイン | 2005年8月»

2005年07月25日

ハワイアンバンド、ナレオに染まった大学時代
?全てはパブリック・リレーションズに繋がっていた

7月18日の海の日に、「早稲田大学ナレオ稲門会」による新高輪プリンスホテル「飛天の間」でディナーショー形式のパーティが開かれました。年に一度、約700人が参加するこのパーティは、今年で9回目。都会の喧騒の中、日常とは隔離されたトロピカルで華やいだ空間のなかで久しぶりにステージに立ちました。

約3時間半のパーティは、まずウエルカム・ミュージックとして現役のハイソサエティ・オーケストラによるゴージャスなビッグバンド・ジャズ・サウンドで来場者を迎え入れ、59年に渡るナレオの歴史の中で登場した代表的なバンドがステージで演奏するという趣向。トラディショナルなハワイアンからモダン・ハワイアン、ジャズ・コーラス、また現役グループのロックと計8つのバンドが腕を競い合いました。

私たちのバンド(ナレオ・ウエーブ)は、モダン・ハワイアンで、「インヴィテーションズ」と呼ばれるコーラス・グループの楽曲やボサノバ曲を演奏しました。編成は、スチールギター、ドラムス、ベース&ヴォーカル、ギター&ヴォーカル、キーボード&ヴォーカル、パーカッション&ヴォーカル、ビブラホン&ヴォーカルそして、女性ヴォーカルの8名です。

私が初めて早稲田大学ナレオハワイアンズ(現在はザ・ナレオ)と出会ったのは、都立立川高校3年の8月。当時、オープンしたばかりの八王子の市民会館で、「早慶軽音楽の夕べ」というコンサートに、友人に誘われて行ったのがきっかけです。出演者は、当時プロのジャズシンガーだった、藤田功(現在作曲家の曽根公明さん)と築地容子さんに加え、慶応大学のビッグバンド、ライトミュージック・オーケストラと早稲田大学ナレオハワイアンズでした。なかでもナレオハワイアンズの演奏は、その音楽のレベルの高さやステージの華やかさで、音楽好きでもあった私をたちまちのうちに虜にしてしまいました。

そのときのナレオは、スチールギターは、当時天才奏者として名を馳せた衣川豪一さん、歌は、現在ハワイアン界で歌手として名声のある小出茂さん、司会は後でフジテレビのアナウンサーになった露木茂さんといった、当時学生バンドの頂点にいた人たちでした。「学生バンドがここまで上手に演奏をするのか!」、夏の終わりにナレオ・サウンドが私に与えた衝撃は、ちょうど今の若い人が初めて好きなアーティストに出会ったのと同じようなインパクトを持っていたと思います。

ちょうどその頃、高校時代に熱中していた水泳で挫折感を味わい、これから本格的な受験勉強を始めなければならない大切な時期でしたが、自分自身の目標を失っていました。そんな私にとってナレオとの出会いにより「興味を持ったら、自分でもやってみる」という生来の気性で、早速、3年の水泳部の面々9人でハワイアンバンドを結成。11月の文化祭への参加に間に合わせようと、受験勉強そっちのけで、毎日終電ぎりぎりまで練習したものです。

猛烈な練習の甲斐あって、文化祭でコンサート会場となった講堂での私たちのステージは大成功。悪いことにメンバー全員がその余韻に浸り過ぎ、12月半ばまで勉強することはありませんでした。かくして水泳部9人の仲間は全員浪人する羽目になりました。

翌々年に早稲田大学に入学しましたが、入学して真っ先に目指した場所は、ナレオハワイアンズが連絡場所にしていた喫茶店。そこには、現在、東洋医学の権威として活躍している村尾敞英(現村尾敞玄、八王子のコンサートでも演奏していた人)さんが、真白いアイビールックのボタンダウン・シャツを着てタバコをふかして座っていました。大学生には見えないほど洗練された、ビブラホン奏者でもあった村尾さんの粋な姿がとてもカッコよかったのが今でも目に焼きついています。

終戦直後にアメリカから最初に入ってきた音楽は、ハワイアン音楽で、音楽に飢えていた多くの若者が飛びつきました。日本でたちまち過熱し、灰田勝彦や浜口庫之助、バッキー白片、大橋節夫などのミュージシャンにより大ブームを起こしたものです。

そんなわけで、私が入学した64年当時は、ナレオハワイアンズのレギュラー・メンバーといったら花形的存在。全国から歌やハワイアンが好きな人たちがナレオ目指していたのでした。4年になってもレギュラーになれない人が多い、そんなナレオで、幸運にも大学2年のときに憧れのレギュラー・メンバーになるチャンスがやってきたのです。

私の2番目の姉の夫がコーネル大学で客員教授として教鞭を執っていたときに、姉の強い助言で同大学への留学準備をしていた春のことでした。私の一級上の先輩、安藤紘平さん(現早稲田大学教授)がフランスのソルボンヌ大学へ留学することになり、急遽安藤さんが担当していたビブラホン(vibraphone)のレギュラーの椅子が空いてしまったのです。突然の先輩の呼びかけで、私はためらうことなく留学準備を取りやめ、レギュラー入りを承諾したのでした。当時の私にとっては、ナレオのレギュラーに、しかも2年でなることのほうがはるかに魅力的でした。

その夏にはレギュラー兼バンドボーイとして全国ツアーに参加。3年生になるとスケジュールや資金を管理するプレイング・マネジャーを担当し、年間120回ものステージを全国で展開。7割がコンサート、3割がダンスパーティー、テレビ・ラジオにも年間に10回近くは出演していました。3年間の演奏旅行で訪問した都市は実に延べ120ヶ所を越えていました。

すべてが、何をしても楽しかった演奏旅行。いろんな人たちに会えました。ステージの合間の時間を使っては地元の名所旧跡を訪ねるなど、観光名所なども一通り巡ることができました。春・夏の休みには、いつも、モダンジャズ・グループやハイソサエティ・オーケストラ、ニューオルリンズ・ジャズクラブのメンバー達と全国をツアーしていました。

当時のこれらの仲間には、同学年では、長年NYで活躍し、現在の日本を代表するベーシスト鈴木良雄君(当時、ピアノ)、新宿でジャズクラブ「J」のオーナーをやっている幸田稔君(アルトサックス)、1?2級下にはサブマネジャーをやっていた森田正義君(現タモリ)、在学中に渡辺貞夫クワルテットに参加していた、ギターの増尾好秋君、レコード・ディレクターとして名をはせた、ソニー・レコードの伊藤八十八君(ピアノ)、今は竹山洋(映画:ほたる、NHK大河ドラマ:利家とまつ、秀吉)として超人気脚本家になった武田淳一君(ベース&マネージャー)などがいました。

ナレオのほうは、ナレオハワイアンズの創始者的な存在のスティールギター奏者で、弁護士のお父さんの跡継ぎをしないで、法学部大学院時代もプロ活動をし、初心を貫き現在もプロとして活躍しておられる、白石信(白石信とナレオハワイアンズ)さん、カメラマンの浅井慎平(以下敬称略)、アナウンサーでは露木茂を始め、小林大輔、松倉悦郎、(以上フジテレビ)、また、柏村武昭(現防衛庁政務官、参議院議員)、宮川俊二、梶原しげる(当時、梶原茂)、テレビ・映画音楽などの作曲家、本間勇輔、CMディレクターの川崎徹、作家の服部真澄などが輩出されています。

思い出に残るコンサートといえば、今で言う若い人にはなじみがないかもしれませんが、その頃の御三家の一翼を担っていた、西郷輝彦(キムタクのような人です)と一緒のステージに上がったことでした。超人気歌手と学生バンドが何故共演することになったかというと、当時、西郷輝彦はフランク・シナトラに続く高人気でハワイ出身の歌手ドン・ホー(バックバンドとコーラスはアリーズ)に傾倒しており、われわれがそのスタイルを追求する数少ないグループだということで、日本テレビに請われ90分番組の出演が決まったのでした。当時、新しかった渋谷公会堂での録画中継番組で、特別の扱いを受け感激しました。信じられない話ですが、つい先日、全く偶然にも、このときナレオとの窓口役をやっておられた日本テレビ、ディレクターの花見さんと、38年振りに渋谷の行きつけのカラオケ・バーでお会いしました。実に不思議な再会でした。

また、いろいろな大学の学園祭に招かれましたが、とりわけ思い出深いのは、66年のビートルズの武道館公演の翌年、明治大学の学園祭によばれ同じ武道館で演奏できたことです。

大学一年にクラブの門をたたいて以来、学生生活のほとんどをナレオでの音楽活動に捧げ、完全燃焼した4年間となりました。特に、ナレオのプレーイング・マネージャーをつとめ、多くの人々と出会えたことは、後にパブリック・リレーションズの世界に入ってからの貴重な財産となりました。

そして、ステージのスケジューリングや資金のやり繰を行う中で、交渉(コミュニケーション)術や企画力、ビジネスセンスなども自然に身についたと思います。また、いい演奏を心がけるためには、常にステージ上から観客の反応を見なければいけません。プレイヤーとして、双方向的な姿勢が醸成されていたともいえます。これらの多くの経験が、その後の私の職業観に大きな影響を与えていたと思います。大学卒業後入社した会社を3ヶ月で飛び出し独立するといった一見無謀なことも、これらの経験がなかったらその一歩を踏み出すことができなかったかもしれません。

投稿者 Inoue: 15:00 | トラックバック

2005年07月18日

なぜか、いつも本業はパブリック・リレーションズ
?パブリック・リレーションズとともに歩んだ35年間 その2?

今週は先週の話の続きです。

お恥ずかしい話ですが、私自身この世界に入って、最初の10年ほどはPRという仕事や会社についてうまく説明することができず、いらだたしさを感じたものです。それが解消するようになったのは80年代の初めに、国際PR協会(IPRA:本部・ロンドン)のメンバーになってからです。世界70カ国からの1000名ちかいメンバーは、コンサルタントを始めとする実務家(企業、NGO、政府関連)やアカデミシャンたちで構成されており、IPRAでの活動をとおして、初めてパブリック・リレーションズの間口の広さと、奥行きの深さを知りました。

その頃、日本で使われていたパブリック・リレーションズの日本語訳は「公共関係」とされ、漠然とした意味不明のもので、業界関係者の間ですら解釈の混乱をみていましたが、IPRAでの活動やさまざまな仲間との対話の中で、PRが単なる従来型の広報と認識するのは十分ではなく、より包括的なものであることが解ってきたのです。

特に、パブリック・リレーションズのパブリックの意味が曖昧でよく理解できずにいただけに、「パブリック(一般社会)とは、消費者、投資家、地域住民、政府などさまざまな対象となる因子で構成される」とし、「情報発信者側が情況によってその対象を可変的に設定しターゲットとすることができる」ことを知ったのは大きな喜びでした。

そしてこの手法をリレーションズ活動として体系化したものこそ、20世紀の初頭に米国で登場・発展し早くから学問的にも確立された、パブリック・リレーションズであることだと知りました。

そんな思いで、改めて日本を眺めたとき、日本の社会システムに疑問を抱くようになりました。80年代初頭は、日本の自動車生産が1104万台(1980年)と米国を抜くなど、近代工業国家として世界の頂点に立った頃でしたが、バブルが始まり、国民が酔いしれる日本を尻目に「何かがおかしいと」感じ始めていました。

一方、79年に、ハーバード大学教授のエズラ・ヴォーゲルの著書『ジャパンアズナンバーワン』がベストセラーになり、経済不振の中で、財政赤字と貿易赤字の双子の赤字を抱える米国の対日警戒感が急速に高まるなか、81年にスタートしたレーガン政権下にとっての最優先課題は、いまや最大のライバルで、巨額の対日貿易赤字を抱える日本との関係改善でした。

そんな時期にメンバーとなった(1980年の設立の年)、電気通信分野の、企業、学者・研究者、政府機関の会員で構成されるNGO組織、太平洋電気通信協議会(PTC:本部ホノルル http://www.ptc.org)が毎年一月にホノルルで開催する年次総会では、激化する日米通信摩擦を受けて、政府間交渉の前哨戦ともいえる、非公式会談やロビーイングが繰り広げられていました。

まさに太平洋の真ん中のPTC大会会場が、両国関係者の折衝舞台となっていたわけですが、そこで繰り広げられていた日米両国のやりとりをとおして、アメリカの強力な対日戦略を直接目にする機会を得ました。インテルやアップルなど、カリフォルニア・シリコンバレー企業とは別に、両国の緊迫した政府間交渉を初めて身近にしたのは、82年1月のことでした。

この時期は、いわゆるジャパン・バッシングがよく語られていましたが、アメリカの緻密なPR戦略に比べ日本の正攻法で控えめな折衝術は、パブリック・リレーションズ力において、まるで大人と、子供の差があったといえます。「積極的に、自らの政策や考えをパブリック(国際世論)にアピールするアメリカ」に対し、「自らの考えを明確にせず、パブリックに積極的に訴えない日本」という構図が国際社会に露呈していたのです。

また、第三次中曽根政権下でおきた、87年の東芝ココム事件は日米間に極度の緊張をもたらしましたが、当時、海外から「顔が見えない日本」などと批判されるなか、この事件で経団連は斎藤英四郎会長を団長とするミッションを米国に派遣しましたが、企業トップが本当にPRの重要性を意識し始めたのは、この事件以降だと考えています。このとき同会長は「日本の経済人も積極的に発言すべきだ…」とコメントしていますが、この発言にはがく然としました。つまり、「発言」(情報発信)はコミュニケーションを行なう上で必須かつ最低条件となる行為(しかも一方向の)にすぎず、その上の戦略的な対話や情報のやりとりが重要で、それらは欧米先進諸国がごく当たり前のように取り組んでいることだったからです。

アメリカでは、パブリック・リレーションズを支えている概念が社会に根付いており、大企業もベンチャー企業も、そして政府さえもパブリック・リレーションズの役割や効果を十分認識して日常的な活動・業務を行っているのと比べ、日本との違いは歴然で、経済超大国ともてはやされだした日本への不安感と疑念を払拭することはできませんでした。

80年代後半、日米半導体摩擦の折、アメリカ側のコンサルティングを担当することになり、日本政府のパブリック・リレーションズへの知識も技術も欠落しているために交渉を有利に運べない現実を目の当たりにしました。その後、90年代前半の自動車・自動車部品の規制緩和プログラムに米国企業のために関わり、パブリック・リレーションズ手法をもちいて交渉の決裂をまぬかれた貴重な経験をしました。

そして、90年代に急速に開いた日米間の格差は、パブリック・リレーションズを如何に上手に使いこなしているかが結果として経済力や国力、そして国家のプレゼンスの強弱に表れるのではないか、と確信するに至ったのです。

バブル崩壊後の90年代に入ってからの日本の企業・組織体で頻発する不祥事はあとをたちません。これら不祥事は、企業側が出す情報の流れが、お知らせ的、一方向的な流れで、双方向性になっていないこと、「自己修正」的な概念の欠如していること、「倫理観」があいまいであることなど、パブリック・リレーションズを支えている概念がことごとく欠落していることに起因していると考えています。そのことが日本社会、経済、政治全体に閉塞感をもたらし、行き詰まりを見せているのだと思います。

失われた10年をはるかに過ぎ越した昨今、民主主義社会の下で登場・発展を遂げたパブリック・リレーションズが、いまやっと日本社会でもその必要性が認知されるようになってきました。その要因として、戦後さまざまな規制の保護のもとで驀進してきた日本株式会社も、規制緩和政策の下、経済や社会のグローバル化が進む過程で、何事にも「フェア」で「スピーディ」で「オープン」な対応なくして激しい競争を生き残れない状況になってきたことなども挙げられますが、こうした現状をみるにつけ、日本社会へのパブリック・リレーションズの導入を急がなければならないとの思いを強くしています

しかし残念ながら、社会の要求に応えるだけの人材の供給体制が出来上がっていないことも現実問題として横たわっています。また、教育現場で優秀な人材を輩出しても、欧米のように、PR・広報を専門職として追求し、トップ・マネージメントの一翼を担う、エグゼクティブを目指す人に対する企業の受け入れ態勢の問題もあります。日本社会への導入に向けて、やらなければいけないことが山積しているのです。

35年の軌跡を自分なりに追ってみて、パブリック・リレーションズ以外のさまざまな事業に携わりましたが、どのようなときにも「本業はパブリック・リレーションズにある」という信念にも似た思いから逸れたことは一度もありません。その戦略性次第では、どのような目的をも達成させさせることのできるパブリック・リレーションズにこれからも魅了され続けると思います。そして、日本におけるパブリック・リレーションズの普及に今後も貢献できれば幸いです。

投稿者 Inoue: 12:00 | トラックバック

2005年07月11日

なぜか、いつも本業はパブリック・リレーションズ
?パブリック・リレーションズとともに歩んだ35年間 その1?

皆さんこんにちは。梅雨前線の影響で各地で不順な気候が続いていますがお元気ですか?

7月4日に株式会社井之上パブリックリレーションズは満35才を迎えましたが、きようは先週のブログでお話したように、私がなぜこの業界を自身の職業として選び、PRを追求してきたかをお話したいと思います

日本が高度成長期のまっ只中の1968年に大学を卒業し、就職先のヤマハを退社後独立しました。最初の取引先となったヤマハの仕事で音楽普及のための数々のプロジェクトをオーケストレート、つまりプロジュースする機会を得ました。

そして73年に、メディアへのパブリシティ活動を十分なものにするために、新たに社内には活字媒体でいうところの編集機能を持たせ、別会社としてラジオやテレビの制作機能を持った番組制作会社、「PMC」をスタートさせました。

これら二つの機能がどのようなものであったかは、後日お話しすることとして、73年と79年、日本が好景気に沸く中で二度にわたって起きたオイルショックを体験し、日本経済の脆弱性を目の当たりにしました。その頃、深く関わっていた三菱電機との取引の中で「資源の少ない日本は、技術力で生き残るしかない」ことを深く実感し、ハイテク分野への可能性に惹かれていったのです。この時期、先進国のビジネスが急速に海外展開を進めていることを強く感じていたので、自然に海外へと目を向け始めました。

そんな中でPRパーソンとして最初の転機が訪れます。インテル社、アップルコンピュータ社との出会いです。

インテル社と最初に出会ったのは78年。当時、外人記者クラブのジャーナリストからインテル・ジャパンのマーケティング・マネジャーだった知名定清さんを紹介され、同社のPR業務を受託したのです。当時本社会長であった、ロバート・ノイスさんとそのグループが世界で初めて開発した、マイクロ・プロセッサの日本での普及のために奔走しました。

その後79年には、インテルのPRコンサルティング・ファームのリージェス・マッケンナから紹介されてアップル・コンピュータ社のコンサルティングを行いました。二人のスティーブ、つまりS・ジョブズとS・ウオズニヤックによりガレージから始まったアップルが、本格的に日本進出する前のことで、私たちのサービスは、出先機能のない日本市場での、PR業務を超えた広範な情報収集やマーケティングのサポート、そしてリクルーティングなど、日本でのリエゾン・オフィス的な機能を提供しました。その後、日本法人設立やマッキントッシュの発表などに関わるなど、ある意味でパブリック・リレーションズの実務家としては理想的な仕事をさせていただきました。

こうして70年代後半から80年代にかけて、アメリカ、シリコンバレーで興ったハイテクベンチャー企業の創世期にかかわり、スピーディな経営判断、修正能力の高さ、そして、これらのベースにあるフラットな「双方向性コミュニケーション」の存在を身近にすることができました。また、レバレッジ経営にみられる、「専門分野以外は外部のプロに任せる…」一貫したシステムや、ベンチャー企業が経営者一人の才覚でビジネス界の頂点へ上り詰められる社会環境、そんな合理性に基づいたアメリカの懐の深さを、眩しいカルフォルニアの陽光のなかで目の当たりにしました。

シリコンバレーは「イノベーション」の本当の意味、つまり「革新にはリスクが伴う」ことを教えてくれました。残念ながら日本の多くの企業では「革新」を叫んでも、「リスク」はとりたくないといった傾向が強く、「スピード経営」が叫ばれてはいるものの、韓国や台湾、ひいては中国に後れをとり、ビジネスチャンスを失う例が近年後を絶ちません。極論すれば、コミュニケーションの双方向性と「自己修正」が働いていないことの証左ともいえます。

35年間の歩みを書き綴るにはもう少しスペースが必要ですので、来週はどういうきっかけでパブリック・リレーションズの本質を知ることになったのかをお話したいと思います。

投稿者 Inoue: 11:00 | トラックバック

2005年07月04日

創立35周年、私をPRの世界へ導いてくれた二人の先駆者

1970年の今日、7月4日に創業した株式会社井之上パブリックリレーションズは満35才を迎えます。

7月4日は、皆さん御存知のアメリカの独立記念日にあたりますが、その独立宣言を起草したトマス=ジェファソン(Thomas Jefferson 1743-1826)こそ、最初に「パブリック・リレーションズ」 という言葉を彼の選挙キャンペーンのなかで使った人と言われています。アメリカで登場・発展したパブリック・リレーションズの会社を奇しくも同じ日に創業したのは、偶然とはいえ何かの導きがあったのでしょうか。

当初は、大学時代に活動した音楽クラブでのプレーイング・マネジャーとしての経験を生かし、漠然と企画会社をイメージして会社をスタートさせましたが、その後PR業界に身をおくことになりました。振り返ってみれば、2人の人物から影響を受けたことがそのきっかけとなったような気がします。

最初の人は、電通PRセンター(現電通パブリックリレーションズ)を創業(1961?)した永田久光さんです。三鷹の実家のお隣さんで、私にとっては「永田の親爺さん」という存在でした。高校時代には事あるごとに声をかけられ「PR」について話をしてくれたことを思い出しますが、PRが何を意味するのか当時の私には全く解りませんでした。しかし、今にして思うと頭のどこか片隅にPRという言葉が残っていたのかもしれません。

その後、永田の親爺さんと再会したのは、1970年に私が会社を設立した年のことでした。大学卒業後、就職先のヤマハを退社し、会社設立のために渋谷区神宮前のマンションビルにオフィスを構えたとき、偶然にもそこで出会いました。電通PRを退社し独立して、同じビルの2階で「ジャパーク」という会社を経営されており、重厚な社長室に時折訪ねたときに、いつもPRについて熱く語っておられたのを思い出します。大柄でがっちりした風貌と、エネルギィッシュな立ち振る舞いは強烈な印象を周囲に与えていましたが、その後間もなく急逝されました。まだ働き盛りの50代、志半で去っていかれたことを思うと残念でなりません。

2人目は、コスモPRを経営されていた佐藤啓一郎さんです。コスモPR(1960?)は日本のPR会社の草分けともいえる会社で、最初の出会いは、私が25歳ぐらいのときでした。関連会社に、大宅映子さんたちが創設した日本インフォメーション・システム(NIS)というシンクタンク会社があり、国内企業を中心に幅広いPR業務をおこなっておられました。

佐藤さんはもともと日系アメリカ人で英語を自在にあやつり、外国メディアとの交流にも積極的で、よく原宿の自宅でホーム・パーティーを開いていました。仲間と誘い合いよくお邪魔したものです。おおらかで、いつも聞き役に徹するダンディな方でした。

当時、佐藤さんの会社が、米国の「LIFE」誌でユージン・スミスという著名カメラマンを使い日立製作所の紹介のための特集を実現させた話は有名でした。PR会社としてとても輝いていました。「PRでこんなことができるのか」と大変感心したのを覚えています。私がPRの世界に入る決心をしたのは丁度この頃だったと思います。50代で急逝した佐藤さんの遺志は、現在、当時まだ小学生だったお嬢さんの久美さんが立派に引き継いでおられます。

お二人とも若くして急逝されましたが、そのことが日本のPR業界の発展に多少なりともブレーキがかかったといっても過言ではありません。またお二人とも実家がお寺だったようで、パブリック・リレーションズ・ビジネスの精神性との関わりの深さと重要性を考えずにはおられません。

長年、パブリック・リレーションズの世界に身を投じている立場から想うことは、現在露呈している日本の社会、政治、経済におけるさまざまな問題は、パブリック・リレーションズなしにその解決はあり得ないということです。

その後私が、なぜこの業界を自身の職業として選び、邁進してきたかを来週お話したいと思います。

投稿者 Inoue: 11:00 | トラックバック