相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



メイン | 2005年5月»

2005年04月25日

パブリック・リレーションズ(PR)を成功に導くキーワード
1.倫理観(Ethics)

こんにちは。井之上喬です。
4月11日に、「パブリック・リレーションズ(PR)とは、個人や組織体が最短距離で目的を達成する、『倫理観』に支えられた『自己修正』と『双方向性コミュニケーション』をベースとしたリレーションズ活動である」と私なりのパブリック・リレーションズ(PR)の定義を紹介しました。

この定義を支えるキーワードは、「倫理観」「自己修正」「双方向性コミュニケーション」です。これらの概念は、日本社会にあまり深く根付いていない感がありますが、パブリック・リレーションズ活動を成功に導くために欠かせない要素で、パブリック・リレーションズの生命ともいえる部分です。定義の理解をより深めるために、これから三回にわたり、キーワードを一つひとつ掘り下げてみたいと思います。

今回は倫理観についてです。倫理観という言葉はよく耳にしますが、なんとなく使用されることが多く、むしろ明確な意味を持って使われることのほうが少ないかもしれません。倫理観を誰にでも解りやすく端的に言い表すと、「人間の行為における善・悪の観念」で、「倫理学」は善・悪の観点から人間の行為を研究する学問といえます。

このブログでは倫理学の持つ間口の広さと、深い奥行きについて詳細に説明することはできませんが、岩波書店の『哲学・思想辞典』によると、倫理学は古代ギリシャのソクラテス(前470/469?前399)にその萌芽がみられ、「………人間はただ生きることではなく、よく生きることだ」としています。孫弟子のアリストテレスも、人間のよい生き方を問題にしましたが、人間の善や幸福を探求する哲学部門に初めて「倫理学」という名を与え、人間の「見る」「なす」「作る」の三つの働きに対応させて、哲学を「理論学」「実践学」「制作学」に区分し、倫理学をこの中の「実践学」に属すると分類・規定しています。今日の哲学を「理論哲学」と「実践哲学」に大別し、倫理学を実践哲学に位置づけられているのは、この分類に由来するとしています。

その後、中世のキリスト教(アウグスチヌス、トマス・アクイナス)を中心とした倫理思想、近代初頭の倫理思想、近代イギリス倫理思想(ホッブス、J・ミル)そして近代フランス(ルソー)、ドイツ(カント、ヘーゲル)の倫理思想と、歴史と共に変遷していきます。

私たち人間は本質的に「かかわる」存在です。ですから、人間の最も深い体験は他者との関係です。他者とかかわることで私たちは今の自分自身を作り上げているといえます。このことは、個人が集合する組織体にもあてはまります。

パブリック・リレーションズになぜ倫理観が欠かせないかといえば、個人も組織体も、他者やパブリック(一般社会)との関係を築く上で、普遍的な倫理的価値観をシェアし実践することが、結果として最短距離で目標達成を可能にする大きな要素になるからです。不祥事が繰り返される日本社会で、倫理観に基づく思想を持ち行動することは、時には回り道に見えても、長い目で見れば、お互いが利益を享受し持続的に発展できるサイクルを築く近道となるのではないかと考えています。

投稿者 Inoue: 11:00 | トラックバック

2005年04月18日

パブリック・リレーションズ(PR)の実務家を育成したい

こんにちは。井之上喬です。

4月14日は、早稲田大学で新しく始まった「パブリック・リレーションズ特論」の授業で、久しぶりに元気な皆さんと再会でき大変うれしく思いました。

社会の健全な発展と繁栄に貢献できる包括的なパブリック・リレーションズを、日本社会に広めていくことが、私のライフワークであり願いです。その実現には、現在日本で圧倒的に不足しているパブリック・リレーションの実務家を養成することが急務であると常々考えていました。その思いがかない、昨年4月から早稲田大学でパブリック・リレーションズの教鞭をとることになりました。

2年目となる今年は、昨年から始まった学部間の垣根を越えた、次世代リーダー育成のための理論中心の講座「パブリックリ・レーションズ概論」に加え、今月から始まった、実践に重点を置いた「パブリックリ・リレーションズ特論」そして、商学部商学科大学院(MBA)でのPR講座、あわせて3つの授業で教える予定です。

「パブリック・リレーションズ特論」の授業では、早速、早稲田大学の広報室長である八巻和彦商学部教授から快諾を頂き、広報室のご協力を得て、学生自身が自分の大学のPRを各々の視点で考え、企画立案し、そのシミュレーションを行うことを考えています。受講される皆さんがどのように学習し成長していくのか今から楽しみです。

米国では現在20万人を超えるパブリック・リレーションズの実務家が活動しているのに対し、日本で広報に携わっている人は推定約8,000人と極めて少なく、量的にも質的にも圧倒的に不足しているのが現状です。グローバル社会で日本が再生を果たすためには、政治・行政・経済の各方面でパブリック・リレーションズの手法を効果的に導入することが必要です。その意味でも、学問的にも実践的にも幅広く、奥行きの深い守備範囲を持つパブリック・リレーションズの専門教育を受けた実務家の育成が急がれます。

早稲田大学の授業を通して、将来、実務家育成への動きが全国へと拡大し、日本社会へのパブリック・リレーションズの導入がいっそう活発になることを願っています。

投稿者 Inoue: 10:00 | トラックバック

2005年04月11日

最短距離での目的達成を可能にするパブリック・リレーションズ

「パブリック・リレーションズ(PR)とは、個人や組織体が最短距離で目的を達成する、『倫理観』に支えられた『自己修正』と『双方向性コミュニケーション』をベースとしたリレーションズ活動である」

これが、専門家として30年以上の経験から得た私なりに端的に言い表した定義です。パブリック・リレーションズの定義は数多くありますが、このブログでは、パブリック・リレーションズに接したことのない方にもわかりやすく理解していただくために、敢えて私の定義を紹介することにしました。

パブリック・リレーションズ(Public Relations=PR)という言葉は、20世紀初頭、米国で登場したといわれています。以降、時代の変遷で、その意味合いや手法は変化してきましたが、米国や英国などアングロサクソン諸国では、企業を始め、政府や地方自治体、学校などの教育機関、国連や世界銀行などの国際機関など実に多方面に浸透し、実践されている手法です。

パブリック・リレーションズのパブリックは一般社会を指しますが、組織体の設定する目的によってターゲットが変わります。たとえば、株式上場の場合はインベスターでインベスター・リレーションズ(IR)、コミュニティとの関わりは(コミュニティ・リレーションズ)、政府への規制緩和等の働きかけはガバメント・リレーションズといった具合に、目的に応じてターゲットも変わり、その関係醸成の戦略や内容も変化します。この様に、多様なパブリックから選択したパブリックをターゲットとし、それらとの関係(リレーションズ)の総体をパブリック・リレーションズといいます。

パブリック・リレーションズの生命は、高い「倫理観」に支えられた「自己修正」と「双方向性コミュニケーション」です。倫理観がなければ、関わる人々すべてにとって良い方向(WIN-WIN)へ導くことはできませんし、戦略を作り上げる過程で、発信した情報に対するフィードバックを行い、誤りを見つけ修正したり、より良い物を吸収する姿勢がなければ、目的を達成するための最適な環境を継続的に作ることができないからです。

世界のさまざまな定義 

私が編集した本、「入門・パブリックリレーションズ」PHP研究所, pp38 (2001)に載せた定義

「パブリック・リレーションズとは、自由競争が可能な民族国家や地域で、ツーウェイコミュニケーションに基づいて、倫理観と哲学を持ち自己修正能力のある情報発信者が、公共の利益に沿って社会的に有意義で調和ある行動でグッドウィル(信頼・好意)を醸成しマネジメント・ファンクションとして統合的に調整する継続性のある活動である」

レックス・F・ハーロウの定義

「一企業体とパブリック(一般社会)との間の相互のコミュニケーション、理解、合意、協力閑係の樹立、維持を助け、課題に対する論争に経営者を巻き込み、経営者に世論の動向を知らせ、その対処を助け、公共の利益に奉仕するための経営者の責任をはっきりと認識させ、社会の趨勢を予知するための警報システムとして経営者と一体となって変化を有効に利用し、さらに、その最も重要なツールとして調査と健全かつ倫理に沿ったコミュニケーションに利用する管理機能の役割を果たすもの」出典:入門・パブリックリレーションズ、PHP研究所, pp33-34 (2001)

PRSA〈米国PR協会〉の定義

「パブリックリレーションズは、各種団体、機関の相互理解の貢献することによって多元的社会が意思決定を行い、より効果的に機能することに貢献するものである。これはまた、官民間の政策調整にも貢献する。また、パブリックリレーションズは我々社会の様々な団体、組織に奉仕するものである。これらの団体、組織がそれぞれの目標を達成するためには、従業員、会員、顧客、地方企業、株主などそれぞれ違った分野のパブリック、すなわち社会全体と効果的な関係を育てていかなければならない。」出典:入門・パブリックリレーションズ、PHP研究所, pp34-35 (2001)

投稿者 Inoue: 10:00

2005年04月04日

パブリック・リレーションズの世界へようこそ。

はじめまして、井之上喬です。今日から井之上ブログをスタートさせることを大変嬉しく思います。

パブリック・リレーションズ(PR)とは、個人や組織体が最も効率よく目的を達成するリレーションズ活動です。皆さんが利益を享受できる環境を作り出すことのできるパブリック・リレーションズをより多くの人に知って頂くことを願い、このブログを始めることにしました。

私は30年以上にわたりパブリック・リレーションズの専門家として多くの顧客(クライアント)と共に現場で仕事をしてきました。海外のクライアントも数多く手がけてきたので、日本社会を世界の国々と比較しながら客観的に見つめることもできました。現場で培った知識・経験・考え方などを生かし、パブリック・リレーションズの魅力と有効性を、全国の広報関係者の皆さんやパブリック・リレーションズそのものに興味がある方々と、この空間でシェアーできればと考えています。また、パブリック・リレーションズの視点から現在日本で起きている様々な問題・事柄を考察し、日本社会の健全な発展のために皆さんと問題意識を共有し、皆さんと共に解決への糸口を考えて行きたいと思います。加えて、私個人の体験やそれらを通して得た友人のこと、趣味などについても書いてみるつもりです。

当面は、発行は週一回程度を考えています。現場で仕事をしながらブログ運営も行うので、質問はメールで直接返答するのでなく、頂いた質問の中から最大公約数的なものをブログ上で回答する形を取りたいと思います。このブログを通して、皆さんと繋がり、一緒に考えていくことが大切ですので、トラックバックを利用して、どしどし皆さんの考えやご意見をいただければ幸いです。このブログを通して、一人でも多くの皆さんと出会うことを楽しみにしています。

次回はパブリック・リレーションズを始めて耳にする人のために「パブリック・リレーションズとは何か?」についてお話したいと思います。

投稿者 Inoue: 09:00 | トラックバック